げんきの豆知識☻第3弾 〜肉の部位〜

✨豆知識第3弾✨
〜肉の部位〜
皆さん、こんばんわ☀️
店長のげんきです!

 

牛の部位ってどれくらいあるかわかりますか^ ^??
ざっと
肉:15種類
内臓:12種類
程度あるそうです。
分ければもっとあるみたいですね!
昔はもっと少なかったみたいですが!

3DB706AE-00FF-4006-932D-81024EB63300
前に知人から、
「肉の部位が細かく分けられた理由がある」
とお聞きしたので、皆様に共有できたらなと思います^ ^
ルーツは焼肉屋さんにあると聞きました。
焼肉屋さんってたっくさんありますよね!
いろんなお店に行っても、そんなにメニューに違いはありませんよね!
※諸説ありますので、一意見として見ていただけると^ ^

 

昔、メニューが少なく、肉の部位もそこまで分かれていなかった時代。
他店舗との価値の差を作らなければ売れない。
そんな時!
あるお店が、扱っている肉の中でも特に肉質が良好な部位を「希少部位」として、高値で売り始めた。
それが消費者にヒットし繁盛店となった。
それを周りの焼肉屋さんがマネをして、それがまた当たり前になっていった。

 

というお話を聞きました^ ^
あまりに分けすぎて、今では分けることが出来ないくらいにまでなっていると!

 

部位の名前の由来まで調べると意外と面白いですよ^ ^

 

次回のげんきの豆知識☻は29日(日)です!
テーマは、
BISTROでも扱っている
「赤身肉」
です!
お楽しみに☻
BISTROうしすけ台場店
店長 高橋元貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>